【自転車日本一周まとめ】道中のスマホ、PCの充電はどうしているのか

日本一周中シビアな問題となるのが携帯などの電子機器の充電です。

今の時代地図などほとんどすべてのことがスマホで済ませてしまえます。なのであっという間にスマホの電源が無くなるなんてよくあることです。

重要度で言ったら食事、寝床に次ぐ重要度と言えますね。

なので、今回は実際に自転車で旅してまわってる私が日本一周道中での充電事情について語っていきたいと思います。

充電方法まとめ

モバイルバッテリー

今の時代、スマホを持っていてモバイルバッテリーを使っている人はかなり多いと思います。日本一周においてもかなり使えるのでもっていかない人はいないと思います。w

近くにコンセントが無くてすぐ充電したい時には一番有効な策ですね。

ここで注意点なのですが、mAhの数値が一緒でもメーカーによってバッテリーの持ちが全然違うことがあるということです。

この対処法としては、出来るだけ有名なメーカーを選ぶことです。amazonや楽天などで沢山評価が付いている商品を選べばまず間違いないです。

https://www.amazon.co.jp/Anker-PowerCore-モバイルバッテリー-Android対応-2018年6月時点/dp/B019GNUT0C/ref=sr_1_4?s=electronics&ie=UTF8&qid=1530514067&sr=1-4&keywords=%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC

コンビニ・カフェ

こちらの充電方法は一番一般的な方法です。

充電コードさえあれば無料で充電できるので一日に一回は利用していました。

ただ、注意点としては全ての店舗で利用できるとは限らない事です。

コンビニなんかはイートインコーナーが設置されていないところも多いので見つけるだけでも苦労する日もありました。w

カフェにおいても全ての店舗が充電できるとは限りません。

また、コンセントはあっても充電が許可されていないお店もあるのでそこも注意が必要だと思います。無断で電気を利用するのは犯罪なので、確実に確認できる方法は、お店の人に確認することです。

ソーラーパネル

自家発電。

この方法を用いている人はあまり見かけないのですが、非常にオススメです。

メリットは、コンセントが必要ないのでどこでも充電できる点です。

近くにコンビニやお店がないとき、スマホの充電が無くなったりしたらいざという時心もとないのであると安心ですね。

デメリットは、天気が良くないと使用できない事です。

私個人の使用感ですが、晴天の日じゃないと正直言って気持ち程度の電力しか補給できないと思います。

ただ、それでも全く供給ができないというわけではないのであった方がいいですね。

値段もそこまでせず、かさばらないので一つは持っておくのがいいでしょう。

https://www.amazon.co.jp/NING-ZE-XIN-ソーラーチャージャー-モバイルバッテリー急速充電/dp/B078T7X63F/ref=sr_1_1_sspa?ie=UTF8&qid=1530513915&sr=8-1-spons&keywords=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC&psc=1

近くの公共施設、スーパーなどの店

あまりお勧めされない方法ですがいざという時に。

お店の人に許可をもらって充電させてもらいましょう。

私は道の駅では利用することがあります。

道中はできるだけ他人に迷惑を掛けたくないところですが、どうしても多少は掛けてしまいます。そんな時はお世話になるのもいいと思います。

まとめ

現状の充電方法はこんな感じですが、このやり方でやっていけているのでこのまま変えずに旅を続けようと思います。

今回は日本で自転車旅をしている人がどうやって充電をしているかを書きましたが、既に旅をしている人からすると当然だろという声があると思います。w

ただ、これから旅を始める人にとって少しでも参考になればと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が一番古い記事です。 この記事が最新です。