【短期バイトにおすすめ】北海道トマムリゾートバイトで出会う人はどんな人が多いのか。特徴をまとめてみた!

リゾートバイトにはたくさんの職場があってその職場によって雰囲気も働き方も違ってきます。

そのため、リゾートバイトが一概にこうだ!とは言い切れません。

また、時期によってもまた変わってくると思います、5月とか6月に来る学生はほぼいないですからね。

今回は、トマムのリゾートバイトに限った話をしていこうと思います。

約二か月トマムでリゾートバイトを経験して出会った人達の特徴を紹介していこうと思います。

全員に共通すること

当たり前の話、

定職に就いている人はほぼいません。

私の職場には社員以外は定職には就いていませんでした。

当たり前の事ですが。

定職に就いていない=ニートではないですが、世間一般的にはいいイメージを持っている人は少ないんじゃないんでしょうか。

まぁ、つまりフリーターってことなんですけど。

ただ、フリーターなのですがただのフリーターじゃありません。

少し変わった人種の人たちだと感じました。w

その変わった特徴をこれから紹介していこうと思います!

特徴その1:自由な人が多い

このタイプがの人が一番多かったです。

リゾバの特性上とにかく自由な人が多い。

会社を辞めて自由に生きてる人や海外を旅しながら生きてる人、何らかの資金集めをしている人など、他にも様々な生き方の人がいました。

普通に学校に通って会社に就職したら出会えないのでここに来た時に一番びっくりしたのがこれですね。

特徴その2:海外経験アリの人

海外経験がある人もなかなか多かったです。

海外経験の中でも最も多かったのが、ワーキングホリデービザを取得して海外で転々としている人達です。

ワーキングホリデービザとは、通称ワーホリと呼ばれていて、18~30歳までの人が半年から一年間の間協定国の国で働きながら観光を楽しむことができるビザです。

詳しく知りたい方は自分で調べてみてください。

次に多かったのは、就労ビザを利用して海外に住んでいる人たちです。

就労ビザはワーホリと違ってより本格的に働くためのビザで海外に居れる期間も長いです。

あと、年齢に制限はありません。

特徴その3:社会人経験者が一定数

トマムのリゾバに来ている人は、社会人を経験している人の方が大部分。

逆に、私のような社会人未経験の人の方が少なかったと思います。

社会人を辞めてリゾバに来る理由は人それぞれでしたが、やはり自由に生きたいとか社会人に疲れて気楽に生きたいといった様な理由がメインかと感じました。

特徴その4:外国人も一定数

トマムのリゾートバイトの性質上、中国人観光客が多いため中国語と英語対応が求められる仕事があります。

なので、中国語対応ができる人材として外国人労働者が受け入れられているわけです。

外国人労働者は主に台湾人です。

台湾人は英語と中国語が話せるし、台湾国内に日本のリゾバの仲介会社の支社があるのも要因かと思います。

まとめ

今回はトマムで働いている人の特徴について書きました。

しかし、私が働いたのは一つの職場ですし、他の職場が全然違うなんてこともよく聞くため一概にトマムで働く人がこうだとは言い切れません。

職場や職種によって全く違ってくるのはトマムに限った話ではなく、リゾートバイト全体に言えます。

そのため、極論で言うと対策のしようがありませんね。

事前にどれだけ調べても現場の雰囲気までは分かりませんから。

ですが、

リゾートバイトは絶対人生に一度は経験した方がいい!

必ずしもいい出会いがあるとは限りませんが、今まで出会ったことのない人たち、経験したことのない環境に身を置くことで価値観や視野に影響を及ぼすことは確かです。

数か月間、最初にお試しでやってみるといいですよ。

なにより、住み込みでお金を一切かけずに貯金もできますし。

是非、未経験ならやってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が一番古い記事です。 この記事が最新です。