【18日目:7/31】日本一周再開!トマムから納沙布岬へ向けて再出発

7/31をもってトマムでの二か月間のリゾートバイトを終え、日本一周を再開します!

寮を出る時にはみんなにお見送りされながら出発しました。

本当にみんないい人でまた来たいと思えるような場所でした。

また機会があったらリゾートバイトしてみたいですね!

二か月のリゾバ生活はなかなか濃い体験ができました。

ぶっちゃけ今のところ、この旅の中で一番いい出会いがあったと思います。

興味のある方はぜひやってみてください!

それでは旅の再開です。

本日の目的地帯広へ向かう

まずは、今日の目的地を設定しました。

本日の目的地は、帯広市です。

帯広はトマムから東に道のりで80キロメートルのところにあります。

実は帯広にはリゾートバイト中何回も遊びに行っていたので新鮮さはないのが少し残念ですが。ww

なので、せっかくの旅再開なのに楽しみが半減するのはもったいないということで、

今日の宿はライダーハウスにしました!!!

ライダーハウスとは、簡単に言うとバイクやチャリで旅行している人のための宿泊施設です。

メリットは、まず値段が安い。そして、同じ仲間が集まりやすいところです。

値段に関しては、無料の宿もあるくらいです。お金がない人にとっては積極的に利用するべき宿泊施設だと思います。

デメリットは、相部屋なのでトラブルも起きかねないです。そして、基本相部屋なので人を選びます。

中には眠れない人もいると思います。私も完全にリラックスはできないので、ずっと相部屋で生活するのは無理だと思います。w

ライダーハウスにした理由ですが、もうひとつあってですね。

それは、しばらく人と一緒に暮らしていたから人恋しいのです。w

情けないですが、しばらく人との共同生活に慣れてしまったら旅再開初日に一人でキャンプって結構きついです。ww

そんな理由もあって速攻帯広のライダーハウスをググりました。

では、帯広に向かって出発!!

最初は、道道136号沿いに移動!

といってもほぼ直線を移動するだけなんですけどね。w

流石北海道。広大ですね。

めっちゃ気持ちいい。

と思うじゃないですか。

でも、この日の気温、軽く30℃越えでやばかったです。

今年は本州で40℃越えもあるところがあるくらい例年に比べて暑いですけど、北海道も負けないくらい暑いです。

例年であれば、夏の北海道は避暑地として利用されるはずがこれだからもうどこにも逃げ場がないですね。

さらに、

一時間に1リットルペースで水が無くなるので水が足りなくなり、マジで体の危機を感じました。

段々頭もズキズキしてくるし。熱中症対策しろって話ですけどね。

突然現れたオアシス、狩勝峠

ぼーっと山を登っていると、突然山の中に休憩所らしき看板を発見。

なんと、山のてっぺんに見晴らしのいい展望台と休憩所がありました!

まさにオアシスでした。

トイレと自動販売機があるなんて、最高。

ここで一時間ほど休憩を取りました。

ちらっと観光。

日本新八景の狩勝峠、いい景色でした。

山をのぼった後には、下りが待ってます。待ってました。

一瞬でくだりきって、帯広まで約半分のところまで来ました。

あとは、直線の田舎道をただただ進んでいく。

ライダーハウス、cafe pit に到着!

ごっついバイクが沢山。アウェーですが乗り込んでいきます。

着いたらいきなりバイク乗りのおっちゃんに話しかけられる。

なんでバイク乗ってる人ってこうもみんなフレンドリーというか、気さくなんでしょうね。

話していると、カレー屋さんに連れてってくれるって!

先にお風呂に入り準備を済ませると、待ってくれていたおっちゃんのごっつかっこいいバイクの後ろに乗せてもらい、帯広のカレー屋さん、インデアンに連れて行ってくれた上ごちそうになりました。

ごちそうさまでした!!!

その後は、談話室で他の方たちと話をしたりして、楽しかったです。

ライダーハウス、いいですね!

リピーターになりますね、これはww

今後は、ライダーハウスやゲストハウスを積極的に利用することにしました。w

他の方々は12時半くらいに就寝したのですが、私は眠くならなかったので結局二時くらいまでブログの更新作業をし、就寝しました。

まとめ

本日の走行距離:80キロ

ご声援頂いた人数:12人

初日から80キロはなかなかきつかったです。

途中、お尻が痛くなったり、膝が痛くなったりで目的地に着くかどうか結構ギリギリでした。w

なので、明日は少しさぼろうかな!

とりあえず、明日は起きたら準備して出発という感じでゆるく行こうかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が一番古い記事です。 この記事が最新です。