【35日目:8/17】日本本土最北端宗谷岬到達&個性的なライハ「みどり湯」

久しぶりの晴れ!

しかし、朝は風が強いので収まるまで待つことに。

ちなみに、風速が13mで台風並みに強かったです。

11時からここのライダーハウスの食堂が開くということで食べていくことに。

メニュー。

ホタテ丼を注文。

ホタテ尽くし。

真ん中に並んでいるのがサーモンです。

ここ猿払はホタテの水揚げ量が日本一とだけあってどこでもホタテが食べられるのですが、ここのもおいしかったです。

ごちそうさまでした!

では、出発。

みんなに見送られながら行きます。

日本の最北端、宗谷岬へ

宗谷岬までいよいよ30kmとなりました。

早速行きましょう。

快晴。やっぱり北海道は晴れた日が一番。

宗谷岬まであと24㎞!

オジロワシ発見!!

天然記念物で絶滅危惧種に指定されています。

以前斜里岳を通った時にも見たのですが写真に収めることができなかったので今回写真が撮れてうれしい!

いや、それにしてもイケメンですね。

次見る時は自然の中で見たいです。

こいつらはよくいます。

見飽きた。

あと4㎞!

ラストスパート。

宗谷岬到達!!

ついに到達しました!

日本の最北端。

やっぱ最北端とだけあって人は結構います。

周りはこんな感じ。

そして証明書頂きました!

あと二枚!

さっきセイコーマートで買っておいたサンドイッチがあるので昼食をとる。

最北端での食事。

気温もちょうどよくて気持ち良かったです。

ここでいうのもなんですが、ぶっちゃけ私は宗谷岬しっくりこなかったです。

なんでかというと、観光地化されているし日本の最果て感が全く出てないんです。

稚内市街地に行く通り道で、着いたときも達成感もあまり感じなかったし。

まだ根室半島の最東端納沙布岬の方が独特で私はすきでした。

なんだかなー。

もうここには来ることはなさそうです。(笑)

あ、一ついいところを上げるとしたら旅人が多いことです(笑)

いろいろなタイプの人が居たのは面白かった。それだけ。

今日の宿「みどり湯」へ向かって稚内へ

それでは稚内へ行きましょう。

宗谷岬から稚内へ行く途中にある「白い貝殻の道」というのが綺麗らしいので行ってきました。

まぁ、きれいっちゃ綺麗だけどそこまででも。というのが素直な感想。

今日全然感動しない。疲れてるのかな?

分からないけど今日はゆっくり休もう。

みどり湯が個性的過ぎた

みどり湯到着しました!

写真は撮り忘れた!

ここからは数少ない写真で楽しんでください。

まずは施設紹介から。

料金は1000円。

となりに銭湯あり。(440円)

電源あり。

コインランドリーあり。

徒歩圏内(510分)にコンビニ、飲食店、薬局など多数あり。

と、十分魅力的なんですが、ここの真の魅力はここではないんですね。

ここのライダーハウス、個性的すぎるライダーハウスなんです。

9時からミーティングが

行われるのでそれまでに風呂食事すませ、

さあ行きましょう。

ん?

ミラーボール?

ひと昔前のスナックみたいな雰囲気でスタート。

まずは自己紹介から。

みんなマイクをもって自己紹介をします。

自己紹介が終わったら歌を歌います。

松山千春の大空と大地の中で。

皆で肩を組みながら歌います。

それが終わった後は談笑タイム。

あっという間に消灯時間になりました。

良く分からない雰囲気のまま終わりました。

でも楽しかったです。

まとめ

本日の走行距離:70

ご声援頂いた人数:25

今日は日本の最北端、宗谷岬に行ってきました!

これで、残すはあと二つになりましたね。

北海道生活ももう少しで3か月を迎えます。

それまでには脱出したい(笑)

そして、みどり湯。

ライダーハウスのなかではこれまでで一番変わったところでしたが、とても楽しめました。

みんないい人でした。

明日は、ここで仲良くなった大学院生のお兄ちゃんと礼文島に行ってきます!!

流れで決めましたが、また面白い場所があるらしいので行ってきます(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

この記事が一番古い記事です。 この記事が最新です。